ひろしま美術館

HIEDA Kazuho

稗田 一穂1920~

新制作協会、次いで創画会を中心に活躍している日本画家。花鳥・山水を描きながらも、独特の詩情を湛えた、心象風景の表現ともいえる新しい日本画を描き続けています。

氷原

紙本, 屏風 146.5×247.0cm