ひろしま美術館

牛島 憲之1900~1997

 熊本市に生まれる。幼い頃より画家を目指し、熊本中学校の入学祝いに兄より絵の具箱を贈られる。1919年、中学卒業後、東京美術学校の入学に失敗し、葵橋洋画研究所に入る。1922年、4回目の受験で東京美術学校に合格、岡田三郎助教室に学ぶ。1927年卒業、研究科に入る。基礎デッサン力の不足を実感し、1930年から2年余り、小林萬吾の主宰する同舟舎洋画研究所でデッサンを学ぶ。1932年、《貝焼場の風景》が第14回帝展に入選。1935年、第4回東光会展に《貝焼場》《午後(貝焼場)》を出品し、K氏奨励賞を受賞。翌年、東光会を退会した橋本八百ニ、高間惣七らと主線美術協会の創立に参加するが、1942年には創元会に加わる。戦後の第2回日展に《炎昼》を出品して特選を受賞。1949年、須田寿らと創元会を退会し、立軌会を結成して以後官展から離れる。曲線的なフォルムが目立つ1940年代まで牧歌的な作風から、1950年代に入って、工場やタンクなどの建造物をモティーフに幾何学的な色面を構成する画風へと変化するが、晩年には小さな人物を伴って再び曲線的な形態のモティーフが頻出する。一貫して、繊細な光の存在が感じられる柔らかな色調と静謐な情感の漂う作風を示した。1954年より、東京藝術大学で教鞭をとり、1965年、教授に就任。1968年、定年退官した。1983年、文化勲章を受章。東京で没。

NO PHOTO

牛島 憲之
《瀬》

1934年 油彩, カンヴァス 89.6×145.7cm

Noriyuki USHIJIMA
Shallows
oil, canvas

牛島自身が「色を、モザイクのように並べて使っていた」といった時代の作品。神奈川県津久井郡与瀬の相模川に取材したものであるが、現在この場所は、相模湖の湖底に沈んでいる。

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ