ひろしま美術館

梅原 龍三郎1888~1986

 京都市下京区に生まれる。生家は染呉服業を営む。1903年、画家を志して京都府立第二中学校を退学、伊藤快彦の画塾に入る。同年、聖護院美術研究所、1906年、関西美術院に入り、安井曾太郎とともに浅井忠の指導を受ける。1908年、渡仏、アカデミー・ジュリアンの教室に通うが、翌年には、パリ到着早々、その作品に出会い感銘を受けたルノワールを訪ねて南フランス・カーニュに赴き、以後指導を受けるようになる。滞仏中、ブルターニュ地方、スペイン、イタリアを旅して写生や古典の模写などを行い、また《ナルシス》《首飾り》など、ルノワールの影響色濃い作品を制作した。1913年、帰国。同年、白樺社の主宰する展覧会に滞欧作を発表し、注目を集める。1914年、文展に抗して設立された在野の美術団体・二科会の創立に加わるが、1917年に退会。1920年、再渡欧。帰国後、春陽会創立に参加。また、国画創作協会の洋画部を前身とする国画会を主宰し、国展を開く。この頃より色彩の豊麗さが増し、やがてやまと絵、琳派、南画などの方法を取り入れた華麗な“梅原様式”が展開する。昭和初期の裸婦、桜島、北京をモティーフとした絢爛たる色彩の装飾的画風は、安井曾太郎の仕事と比較されながら、洋画壇における“安井・梅原時代”と称される時代となった。戦後は富士山、浅間山、またしばしば訪れた南フランスやヴェネツィアの風景を華麗な筆致で描き続けた。1943年から52年まで、東京美術学校教授、東京藝術大学教授を務める。1952年、文化勲章受賞、1973年にはフランス政府より、コマンドール勲章(文化勲章)を授けられる。東京で没。

梅原 龍三郎《裸婦》


梅原 龍三郎
《裸婦》

1936年 油彩,カンヴァス  80.6×65.0cm

Ryuzaburo UMEHARA
Nude
oil, canvas

梅原の1930年代は、豊麗な色彩と奔放な筆致により独自の装飾的画風を確立させた時代である。裸婦が座る室内は、草木の繁る戸外の情景を取り込むかのように、緑が際立つ。室内に満ちた緑色をおびた光は、補色関係にある赤を加えることによって、一層その存在感を強めている。

梅原 龍三郎《軽井沢秋景》

梅原 龍三郎
《軽井沢秋景》

1974年 油彩,カンヴァス  91.0×117.2cm

Ryuzaburo UMEHARA
Karuizawa in Autumn
oil, canvas

 

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ