ひろしま美術館

須田 国太郎1891~1961

 京都市に生まれる。京都府立第一中学校の図画教師・横山常五郎に絵画を学ぶ。第三高等学校入学の頃より、独学で油彩画を始め、1913年、京都帝国大学で美学美術史を専攻。卒業論文は「写実主義」を選び、卒業後と大学院に進んで、「絵画の理論と技巧」を研究テーマとする。大学院在学中、関西美術院に通う。1919年退学し、渡欧。マドリッドに住んでプラド美術館に通う。特にベネツィア派やスペインの巨匠の作品を模写し、油彩画技法の本質を体得しようと研鑚した。また各地を写生旅行し、帰国後それらのスケッチをもとに《ムセオの一隅》などの油彩に仕上げた。1923年帰国し、和歌山高等商業学校で美術工芸史を、ついでギリシャ芸術史、バロック論を教える。1932年、京都帝国大学の講師となり、ギリシャ彫刻史を講じる。この間、滞欧時代のスケッチや写真、京都と奈良の間のなだらかな山並みの風景を題材に、《花山天文台遠望》《夏日農村》など赤褐色を主調とするしっとりとした色彩と強烈な明暗のコントラストが共存する独自の味わいを持つ風景画の世界を切り開いた。同じく1932年、東京・資生堂画廊で滞欧作と近作による初めての個展を開催。 1934年、京都帝大講師を辞任し、小林和作とともに独立美術協会に参加。同協会の京都研究所で実技指導に当たった。東洋の芸術と西洋の芸術の総合を目指し、強靭なマティエールと日本的なモティーフが融合した作品を制作。戦前の《校倉》、戦後の《鵜》などがその代表作。独立展と1935年に創設された京展を主な発表の場とする。1950年から1960年まで、京都市立美術大学教授として教鞭をとる。『近代絵画とレアリスム』など多数の著作がある。京都で没。独立展と京展のそれぞれに須田賞が設けられた。

須田国太郎《比叡山》

須田 国太郎
《比叡山》

1934年頃 油彩, カンヴァス 73.0×91.0cm

Kunitaro SUDA
Mt. Hiei
oil, canvas

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ