ひろしま美術館

佐伯 祐三1898~1928

 大阪府西成郡(現・大阪市)に生まれる。父は光徳寺住職。油絵に興味を持ち、中学校在学中に赤松麟作の画塾に通う。1917年、中学卒業後上京。川端画学校に通い、藤島武二に師事する。翌年、東京美術学校に入学。1921年、池田米子と結婚、下落合にアトリエと住まいを持つ。1922年、中村彝の《エロシェンコ氏の像》に感動し、その作風を介して、翌年の卒業制作《自画像》《裸婦》などルノワール調の作品を描く。1923年、家族とともに渡欧、翌年パリ着。パリでは、グラン・ショーミーエールに通う。同年、里見勝蔵に連れられてヴラマンクを訪ね、持参した作品を「このアカデミック!」と一喝されたことが、大きな転機となり、激しい筆致のフォーヴィスム的な傾向へと向かう。1925年頃、ユトリロの展覧会を見て感銘を受け、パリの街角を情感溢れる筆致でとらえる独自に画風に到達した。《靴屋(コルドヌリ)》が、1925年のサロン・ドートンヌに入選。1926年、帰国。里見、前田寛治らと1930年協会を結成し、第1回展に滞欧作を発表。また、同じく滞欧作を第13回二科展に出品し、二科賞を受賞する。しかし、日本の風景と自身の目指す絵画との間の違和感に苦しみ、1927年、再びパリに渡る。二度目のパリでは、《広告貼り》《カフェ・レストラン》などスピード感溢れるカリグラフィックな線描を生かした新たな作風を開花させた。制作に熱中し、結核に加えた神経衰弱の病状が悪化。パリ郊外の入院先で没。

佐伯 祐三《ロカション・ド・ヴォワチュール》

佐伯 祐三
《ロカション・ド・ヴォワチュール》

1925年 油彩,カンヴァス  65.0×80.5cm

Yuzo SAEKI
Location de Voiture
oil, canvas

佐伯 祐三《風景》

佐伯 祐三
《風景》(表)

1925年 油彩,カンヴァス  60.0×72.0cm

Yuzo SAEKI
Landscape
oil, canvas

佐伯 祐三《裸婦》

佐伯 祐三
《裸婦》(裏)

1925 油彩,カンヴァス  60.0×72.0cm

Yuzo SAEKI
Nude
oil, canvas

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ