ひろしま美術館

岡田 三郎助1869~1939

 佐賀市に生まれる。父は佐賀藩士。1971年上京。寄寓先の鍋島藩邸で百武兼行の油彩画に触れ、西洋画への関心が芽生える。1887年、岡田家の養嗣子となる。法律や工学を志して学業を続けていたが、画家となることを認められ、はじめ曾山幸彦に、ついで堀江正章に師事。1894年、久米桂一郎の紹介で黒田清輝を知り、外光派の作品に触れる。久米、黒田が指導する天真道場に入門し、1896年、白馬会の創立に参加。同年、東京美術学校西洋画科の開設に際し、助教授に就任する。翌年、第1回文部留学生として渡仏。黒田の師であったラファエル・コランに師事し、その優美な画風をよく受継いだ。1902年、帰国。東京美術学校教授に就任する。《紫の調(某婦人の肖像)》、審査員をつとめた第1回文展では出品作《紅衣婦人》、《萩》など、次々と着物姿の婦人像を発表し、その名を高めた。1912年、藤島武二と本郷洋画研究所を設立。大正期に入ってからは、《海浜裸婦》《髪梳く女》など、柔らかな光の注ぐ風景の中の裸婦を描いて、日本の女性にふさわしい裸婦表現を開花させた。その後も《あやめの衣》に代表される装飾性と官能性を合わせ持つ甘美な女性像を制作。風景画、肖像画も多く描いている。洋画界の重鎮として、後進を指導。1937年、第1回文化勲章を受章。東京で没。

岡田三郎助《裸婦》


岡田 三郎助
《裸婦》

1926年 岩彩,カンヴァス  53.0×33.0cm

Saburosuke OKADA
Nude
Japanese pigment, canvas

岡田三郎助《水辺の裸婦》


岡田 三郎助
《水辺の裸婦》

1935年 油彩,カンヴァス  60.5×40.9cm

Saburosuke OKADA
Nude by the Waterside
oil, canvas

水辺と裸婦の取り合わせは、水浴するディアナやニンフたちの図像に見られるように、西洋絵画において裸婦を描く際にしばしば用いられる。きらきらと木漏れ日の注ぐ森を背景に日本人の裸婦が立っている。黒田清輝、ラファエル・コランに師事した岡田らしい外光表現である。

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ