ひろしま美術館

野口 弥太郎1893~1991

 銀行家を父に東京都で生まれる。父の転勤に伴い、韓国の仁川、長崎、神戸などを転々とし、1914年、関西学院中学部に入学する。在学中に絵を描き始め、東京美術学校を目指すが、健康に恵まれず入学に失敗。1921年、健康を回復し、上京。川端画学校で藤島武二について油彩画を学ぶ。1922年、代々木にアトリエを新築、近くにアトリエを建てた児島善三郎との交友が始まる。同年の第9回二科展に《女》が初入選。翌年の第10回展にも3点の作品が入選し、有望な新人と一躍注目を集める。1924年から、萬鉄五郎を中心に結成された円鳥会展に出品。1927年、一九三〇年協会の会員となり、翌年同協会の研究所が設立されると、前田寛治、里見勝蔵らとともに指導にあたり、特に風景画を担当する。1929年、渡仏。パリのグラン・ショーミエールに通い、木下孝則と交友する。1931年のサロン・ドートンヌに出品した《港のカフェー》が各紙で絶賛を博し、フランス政府買い上げとなり、パリ市庁舎蔵となる。1933年、帰国。ただちに二科会を離れ、独立美術協会員となる。 1934年の第4回独立美術協会展に《カフェテラス》《トレド風景》など滞欧作を特別陳列。以後、独立の中心メンバーとして活躍する。1945年5月の東京大空襲で自宅が焼失、滞欧作など約300点の作品を失う。戦後は、日本各地の風景や、1960年から61年にかけて再訪したパリ、イタリア、スペインの風物を題材に、伸びやかな筆致と奔放な色彩による風景画、風俗画を制作した。戦後の代表作に《オランダ坂》《セビラの行列》《那智の滝》などがある。東京で没。

NO PHOTO

野口 弥太郎
《港の眺め》

1965-68年 油彩, カンヴァス 116.0×88.7cm

Yataro NOGUCHI
View of the Port
oil, canvas

網を引く漁師たちも見える賑やかな港の風景。紫という意表をついた色彩で陸地が描かれている。単純化された筆触と色彩の際立つこの頃の野口の画境を、親しい友人のひとりは「江戸の第一級の南画家にあるような高い境地を感ずる」と評した。

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ