ひろしま美術館

南 薫造1883~1950

 広島県内海町(現・安浦町)に生まれる。父は開業医。広島第一中学校を経て1902年、東京美術学校に入学。岡田三郎助教室に学ぶ。1907年、同校を卒業し、イギリスへ留学。ボロー・ジョンソンに師事し、白滝幾之助、富本憲吉、高村光太郎らと交遊する。1909年、イギリス留学を終え、渡仏。ヨーロッパ各地を旅行し、1910年、アメリカ経由で帰国。ヨーロッパでは、サージェント、ターナー、ミレー、セガンティーニなどに関心を示したほか、ジョットーの壁画や古代エジプトやギリシャの彫刻にも感銘を受けている。帰国後、白樺社主催による「南薫造、有島壬生馬滞欧記念絵画展」が東京で開催され、その清新な画風が衆目を集めた。同年の第4回文展に滞欧作《坐せる女》が三等を受賞、翌年の第5回文展に出品した《瓦焼き》が最高賞の二等を、第6回文展においても、《六月の日》が二等を受けるなど、初期文展を舞台に活躍。1913年、白滝、石井伯亭らと共に日本水彩画会の創立代表となる。1914年、二科会の創設にも参加するが、出品をしないまま退会。一時、厚塗りによるフォーヴ的な表現を試みているが、終生、湿潤な日本の風景や穏やかな家庭の情景を、温雅で堅実な写実でとらえる態度は変らなかった。1932年から1943年まで東京美術学校教授。帝国芸術院会員、帝室技芸員となる。戦時中は内海町に疎開、戦後も郷里に留まり、広島県の美術運動に貢献した。広島県安浦町で没。

南薫造《ピアノの前の少女》


南 薫造
《ピアノの前の少女》

1927年 油彩,カンヴァス  80.5×100.0cm

Kunzo MINAMI
Girl Playing the Piano
oil, canvas

南はしばしば子供たちの日常を描いた。ピアノに向かっているのは長女の孝子。音楽好きの南は自らマンドリンやオカリナを演奏し、子供たちにピアノの手解きをしたという。鍵盤のわきの布、敷物、花の赤と、少女の衣服、花瓶、飾り皿の青色がまるで音色のように響き合うあたたかな室内の情景である。

南薫造《高原の村の朝》


南 薫造
《高原の村の朝》

1941年 油彩,カンヴァス  73.0×90.5cm

Kunzo MINAMI
Morning in the Village of Highlands
oil, canvas

 

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ