ひろしま美術館

前田 寛治1896~1930

 鳥取県東伯郡北条町の農家に生まれる。倉吉中学校卒業後上京し、1916年、東京美術学校西洋画科に入学、藤島武二に師事。在学中、内村鑑三の講演を聴いてキリスト教に傾倒する。郷里の美術家たちと砂丘社を結成し、同人誌の発行や展覧会活動を行なう。1921年、美術学校を卒業。同年、第8回二科展、第3回帝展に初入選。1922年、倉敷で大原コレクションのフランス美術に感銘を受ける。渡仏を決意し、同年、横浜を出発、同船者には世界周遊中のアインシュタインがいた。翌年2月、パリ着。以後2年半をパリで過ごす。この間、中学の同級生・福本和夫と再会し、親しい交友が続く。マルクス主義者・福本の影響から、作品の主題に労働者、工場が選ばれるようになる。同時にレアリスムの探求を自身のテーマとし、セザンヌ、マネ、アングルらに注目、中でもクールベの研究に力を注いだ。また前田が“パリの豚児”と名付けた里見勝蔵、中山巍、佐伯祐三夫妻ら、多くの画家と交友した。1925年、帰国。帝展に滞欧作《J.C嬢の像》を出品し、特選となる。木下孝則、小島善太郎、里見、佐伯と「1930年協会」を設立。1928年、前田写実研究所を自宅に開設し、絵画理論を深めるとともに、後進の指導にあたった。1929年、帝展の審査員に推挙される。帰国後の代表作に、《棟梁の家族》《裸体》がある。東京で没。

前田寛治《赤い帽子》

前田 寛治
《赤い帽子》

1925年 油彩,カンヴァス  116.7×80.4cm

Kanji MAETA
Red Cap
oil, canvas

前田はパリ遊学の総仕上げとして取り組んだ女性像の多くに、本作と同様、黒を多用した。ここでは、深みのある黒が、帽子と衿の赤を鮮やかに引立てていることはもちろん、ビロードであろう重量感のある生地に包まれた少女の肌に透きとおるようなみずみずしさを与えている。

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ