ひろしま美術館

黒田 清輝1866~1924

鹿児島市に生まれる。明治政府の高官であった伯父黒田清綱の養嗣子となり上京。1884年、法律研究を目指し、パリに留学する。翌年、西洋画を学ぶためにパリを訪れた藤雅三の通訳として、ラファエル・コランを知り、絵画への興味を募らせる。法学のかたわら、コランのもとで絵画修業に励むが、1887年には絵画研究に専念するため、法律学校を退学する。 画友となった久米桂一郎とともに、バルビゾンにも近いグレー村でしばしば制作。10年におよぶフランス滞仏中、《読書》《厨房》など日本近代美術史上の代表作に数えられる作品を描く。1893年、帰国。白馬会の結成などを通じ、明るい外光描写を取り入れた清新な画風を移植し、同時に終始日本にアカデミスムを根付かせようと腐心した。帰国後の代表作は、《舞妓》《湖畔》など。1896年、東京美術学校西洋画科の開設にあたって教授を委嘱される。以来、文展の創設に尽力し、審査員を務めるなど、終始日本洋画壇の指導的役割を果たし、“近代洋画の父”と称された。東京で没。

黒田 清輝《洋燈と二児童》
 

黒田 清輝
《洋燈と二児童》

1891年 油彩,カンヴァス  100.4×81.0cm

Seiki KURODA
Lamp and Two Children
oil, canvas

この作品は、グレーでの寄宿先ビヨー家の子供たちを描いたもの。懸命に人形の衣服を繕う少女、読書に疲れたのか居眠りをする少年、日常の何気ないシーンが、ランプの明かりが織り成すあたたかな空気の中に描かれている。黒田が油彩による夜の情景に初めて挑んだ意欲作でもある。

黒田 清輝《白き着物を着せる西洋婦人》
 

黒田 清輝
《白き着物を着せる西洋婦人》

1892年 油彩,カンヴァス  79.5×43.6cm

Seiki KURODA
European Woman in White Dress
oil, canvas

フランスのグレーで描かれた作品のひとつ。人物はやや上から描かれ、背後の木立や草むら、小道、右手の池はさらに俯瞰的な視線で見下ろされている。画面に空はないが、額に手をかざしたモデルのポーズ、白い着衣の色調、背景の葉群れの輝きなどで、陽光を表そうとする工夫が見られる。

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ