ひろしま美術館

熊谷 守一1880~1977

 岐阜県恵那郡付知村に生まれる。父は岐阜市で生糸商を営み、同市の初代市長を務めた後、衆議院議員となる。岐阜中学校から東京の正則中学校に転校し、慶応義塾普通部にも通うが、この頃より画家を志し、いずれも中途退学する。1900年、東京美術学校に入学、同期には青木繁、児島虎次郎らがおり、黒田清輝、藤島武二、長原孝太郎の指導を受ける。1904年、同校を卒業。翌年、農商務省の樺太調査隊に参加し、2年間北方の島々を旅行する。1909年、第3回文展に《ローソク》を出品し褒状を受賞。1910年、郷里の実母が死去し、帰郷。その後6年間を長兄宅で過ごす。冬の木曽山中で材木の運搬を経験。1915年、上京。第2回二科展に《女》《牛》《馬》を出品、翌年会員に推挙される。以後同展を舞台に、《向日葵》《陽の死んだ日》などを多くの作品を発表する。1938年頃より、日本画を描き始め、水墨画を発表。1940年の第27回二科展では、生誕60年を記念して、それまでの主要作品が特別陳列された。1947年、第二紀会の結成に参加。1951年に脱会するまで、同会の展覧会に作品を出品。同年、梅原龍三郎の推薦で、後藤真太郎の主宰する清光会の同人となる。1954年、清光会が解散。その後はすべての団体から離れ、孤高の制作を楽しむ。1967年、文化勲章の受章が内定するが、辞退。1972年には、叙勲も辞退し、自由な創作活動の日々を過ごした。初期の暗い色調の写実的な作品から、《陽の死んだ日》にみられる表現主義的な傾向へと作風が移行し、戦後は、身近な動植物をモティーフとする、明るく彩色された平板な色面を組み合わせた素朴かつ格調高い画境に到達した。東京都豊島区千早町の自宅で没。

NO PHOTO

熊谷 守一
《瓜》

1964年 油彩,板  24.0×33.2cm

Morikazu KUMAGAI
Melons
oil, board

 

NO PHOTO

熊谷 守一
《薔薇》

1971年 油彩,板  33.5×24.1cm

Morikazu KUMAGAI
Roses
oil, board

 

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ