ひろしま美術館

小山 正太郎1857~1916

 新潟県長岡市に、長岡藩の藩医の長男として生まれる。1871年上京し、川上冬崖の画塾聴香読画館に入る。1874年、陸軍兵学寮士官学校の図画教師となる。1876年、日本で初めての官立美術学校となった工部美術学校が設立されると、務めをやめ入学、翌年助手となった。イタリアから同校の教師として招聘されていた画家フォンタネージに師事したが、その後任者フェレッティに不満を抱き、浅井忠ら同志とともに退学、十一会を結成する。その後東京師範学校の絵画教師を務めながら、フェノロサ、岡倉天心らの洋画排斥の気運に抗して、1889年、わが国初の洋画団体である明治美術会の創立に参加。また、1887年には、自らの主宰する画塾・不同舎を開設して後進の指導にあたった。その後は、東京高等師範学校で教鞭をとり、また第1回の文展より洋画部の審査員を務めた。代表作には《川上冬崖像》などがあるが、洋画教育の面で果たした役割は特に大きく、洋画隆盛の基礎を築いた。東京都で没。

小山正太郎《牡丹図》
 

小山 正太郎
《牡丹図》

1887年頃 油彩,カンヴァス  77.7×95.0cm

Shotaro KOYAMA
Peonies
oil, canvas

前景のモティーフを極端なクローズアップで捉え、中景を排し、遠景と対比させて見せる構図法は、江戸時代の洋風画で試みられたものである。江戸期の先人たちの足跡を改めて辿りながら、西洋画の研究を重ねていたことが窺える。

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ