ひろしま美術館

古賀 春江1895~1933

 福岡県久留米市の寺に生まれる。画家を志して中学を中退し、1912年に上京。太平洋画会研究所、翌年からは日本水彩画会研究所にも通う。1915年僧籍に入り、大正大学で仏教を学ぶが、そのかたわら画業を続け、1916年、日本水彩画会会員となる。1917年の第4回二科展に入選。翌年、画家に専念することを決意し、大学を退学。油彩画にも関心を抱き、油彩による大作《埋葬》を1922年の第9回二科展に出品し、二科賞を受賞する。同年、な中川紀元ら二科出品者の若手の同志と前衛グループ「アクション」を結成。翌年、第1回グループ展を開く。1926年、二科会友。同年、一九三〇年協会に勧誘され、入会するがすぐに辞退。キュビスム、未来派、表現主義、構成主義など、ヨーロッパの前衛美術の様々な傾向に触れ、その様式を取り入れ制作を続ける。大正末から昭和初期にかけてパウル・クレーの影響色濃い童画的な水彩や油彩が現われる。また同時にシュルレアリスム風の詩作を試み、絵画作品においても次第にシュルレアリスムへの傾斜を深める。《海》《窓外の化粧》《深海の情景》など、日本のシュルレアリスムを語るうえで欠かすことのできない作品を残した。東京で没。

古賀春江《風景》

古賀 春江
《風景》

1923年頃 水彩,紙 38.5.0×50.5cm

Harue KOGA
Landscape
watercolor, paper

当時、古賀が住んでいた福岡市の博多と福岡地区を区切る那珂川付近を描いたもの。その頃彼は、幾何学的な色面を組み合わせた風景や静物画を盛んに描き、いわばキュビスム的な試みを行っていた。

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ