ひろしま美術館

岸田 劉生1891~1929

 東京に生まれる。父の岸田吟香は、薬の製造販売業を営むかたわら、ローマ字の生みの親ヘボンを助けて、日本最初の和英辞典の編纂にかかわった明治の先駆者のひとり。1906年、絵画に専心するため、中学を中退。この頃、洗礼を受け、熱心なクリスチャンとなる。1908年、白馬会葵橋洋画研究所に入り、黒田清輝の指導を受ける。1910年、第4回文展に初入選。翌年、初めて雑誌『白樺』を買い、同誌で紹介された後期印象派の作品に感銘を受ける。『白樺』周辺の作家、画家たちとの交遊が始まり、1912年、高村光太郎、齋藤与里らとフュウザン会を結成、《バーナード・リーチ像》など、セザンヌやゴッホの影響色濃い作風を示す。この頃、次々と肖像画を製作し、劉生の“首狩り”といわれるが、次第に後期印象派から離れ、事物の奥に内在する美を表現しようとする態度へと変る。その規範となったのが、デューラーやファン・エイクら、北方ルネサンスの巨匠たちの精緻な写実描写であった。以後、《切通之写生》、何気ない果物や器物を克明に描いたし静物画、娘・麗子の肖像群など、生涯の代表作が生まれる。1915年、中川一政、椿貞男らと草土社を結成し、9回の展覧会を開いて、大正期の美術界の一大勢力となった。1922年、春陽会の設立に客員として参加。翌年の関東大震災後、京都に移ってからは、初期浮世絵、宋元画に熱中し、自ら日本画も制作した。「東洋の美」への傾斜は油彩画にも影響を与え、文人画風の即妙さが画面に現われる。1926年、鎌倉に転居。満州での画会の帰りに立ち寄った山口県徳山市で急逝。

岸田 劉生《支那服を着た妹照子像》


岸田 劉生
《支那服を着た妹照子像》

1921年 油彩,カンヴァス  53.0×45.3cm

Ryusei KISHIDA
Teruko, in Chinese Dress, Portrait of the Artist's Younger Sister
oil, canvas

1年9ケ月間にわたって手を加え続けた作品。「どうもこの絵はかたくなってしまった気がして止めようと思う」と日記にあるが、「かたい」と感じた硬質な仕上がりは、かえってモデルの凛とした美しさを際立たせている。劉生の娘麗子像の連作と並行して制作されたもので、照子は彼女の叔母にあたる。

岸田 劉生《上水の春日》


岸田 劉生
《上水の春日》

1915年 油彩,カンヴァス  37.8×45.2cm

Ryusei KISHIDA
The Waterworks in a Spring Day
oil, canvas

「現代の美術社」主催の第1回美術展出品作。この展覧会は、劉生を中心に結成され大正期の美術界に衝撃を与えた「草土社」の実質的な第1回展であった。斜めの遠近が強調され、張り詰めた水面が見える本作は、玉川上水を扱ったもの。半年後の《切通之写生》に通じる存在感をもっている。

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ