ひろしま美術館

金山 平三1883~1964

 神戸市に生まれる。尋常小学校卒業後上京し、立教中学を経て、東京美術学校に入学。黒田清輝に師事。1909年、同校を卒業し、研究科に進学すると同時に同科の助手を務める。1912年、フランスに私費留学。1915年まで、パリを拠点にヨーロッパ各地を旅行し、制作した。パリでは島崎藤村と交友。印象派を研究し、カミーユ・ピサロの影響が見られるパリの街景なども描いている。1916年、滞欧作《巴里の街》と小豆島で描いた《夏の内海》が入選し、後者は特選第二席に選ばれる。1917年の冬、長野県下諏訪を訪れ、《氷すべり》を制作。以後毎冬をこの地で過ごし、制作にあてる。同年の帝展で《氷すべり》が特選を受賞。また同じ年、日本初の女性帝国大学卒業生として東北大学で数学研究を続けていた牧田らくと見合いし、翌年から東京で同居を始める(1919年結婚)。1935年の帝展改組にともなう騒動を機に官展を辞し、以後孤高の制作活動を続ける。日本各地への写生旅行の成果を繊細な色彩感覚を生かした風景画とし、また軽妙な芝居絵も制作した。太平洋戦争中に疎開した山形県最上川河畔の町・大石田を終戦後も制作の拠点とし、《大石田の最上川》など数々の雪景色の名作を残している。東京で没。

NO PHOTO

金山 平三
《蘇州の石炭運び》

1924-32年 油彩,カンヴァス  162.0×130.2cm

Heizo KANAYAMA
Coal Heavers in Suzhou, China
oil, canvas

 

NO PHOTO


金山 平三
《筑摩川》

1940年 油彩,カンヴァス  40.6×60.6cm

Heizo KANAYAMA
The Chikuma River
oil, canvas

金山平三は「雪の金山」と呼ばれるように、好んで雪景色を描いた。とくに信濃路を好み、1917年から24年間毎冬訪れている。この作品は、姨捨(おばすて)の駅から筑摩川(千曲川)を眺望したもので、現場で描くことを常としていた金山は、マイナス十数度の中で完成させたという。

NO PHOTO


金山 平三
《かすべとふぐ》

1945-56年 油彩,板  30.6×41.0cm

Heizo KANAYAMA
Ray and Blowfish
oil, board

 

NO PHOTO

金山 平三
《二月の大石田》

1956-60年 油彩,カンヴァス  38.0×45.6cm

Heizo KANAYAMA
Oishida Town in February
oil, canvas

 

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ