ひろしま美術館

鴨居 玲1928~1985

 金沢市に生まれる。生年は1927年とする説もある。父は新聞記者で、鴨居の生まれた年に、北国毎日新聞社の主筆に迎えられていた。1946年、金沢美術工芸専門学校予科に入学、洋画を専攻し、宮本三郎の薫陶を受ける。1948年、二紀会第2回展に《青いリボン》を出品、初入選する。以後同会に出品。1950年、金沢美術工芸専門学校本科洋画専攻科を卒業し、東京の乃村工芸社に入社、看板などを制作する。1951年、同社を退職し、母と姉の住む大阪に移る。1957年頃、油彩画に行き詰まりを感じ、パステルやグワッシュで制作。1958年、パステル画を二紀会第12回展に出品し、同人賞を受賞。1959年、最初の渡欧。パリで遺作の整理に当たった金山康喜の作品に強い感銘を受ける。1961年、帰国。神戸にアトリエを構える。1965年、制作に自信を失い、ブラジルの若林和男を頼ってブラジルに渡り、その後再びパリを訪れる。翌年、ローマ滞在を経て帰国。1967年、第21回二紀会展に一般応募として出品した《静止した刻B》《静止した刻A》が入選し、同人に推挙される。翌年、二紀会会員に推される。1969年、安井賞展に《静止した刻》を出品し、安井賞を受賞。《静止した刻》は、東京国立近代美術館に購入される。1971年、スペインに渡る。マドリードに滞在後、ラマンチャ地方の小村バルデペーニャスに居を定め、1974年までこの村を舞台に酔っ払いや廃兵、村人たちを主人公にした代表作の数々が誕生する。1974年、パリに移る。1977年、帰国。この間、日本国内やアメリカで多くの個展が開かれる。同年、二紀会の委員となり、第31回展に《ダイス(A)》《ダイス(B)》を出品。1979年、会派を超えて具象画家が結集した「第1回明日への具象展」に実行委員として参加、《ÉTUDE(A)》《ÉTUDE(B)》を出品。翌年の第2回展に《酔って候》を出品。1982年、日動画廊での個展で晩年の代表作となる《1982年 私》《蜘蛛の糸》を発表。常に自己を見つめその存在を問い続けた“自画像”の画家としての集大成となる作品でもあった。神戸市の自宅で急逝。

NO PHOTO

鴨居 玲
《私の村の酔っぱらい》

1973年 油彩,カンヴァス  92.0×65.1cm

Rei KAMOI
Drunkard in My Village
oil, canvas

鴨居は1971年にスペインに渡り、ラ・マンチャ地方のバルデペーニャスに居を構えた。足掛け4年に及んだこの村での暮らしの中から、老人、酔っ払い、廃兵といった弱者としての人間像に目を向けた秀作が生まれる。

NO PHOTO

鴨居 玲
《私の村の酔っぱらい(三上戸)》

1973年頃 油彩,カンヴァス  30.0×89.0cm

Rei KAMOI
Three Drunkards in My Village
oil, canvas

 

NO PHOTO


鴨居 玲
《教会》

1976年 油彩,カンヴァス  162.0×130.3cm

Rei KAMOI
Church
oil, canvas

 

NO PHOTO


鴨居 玲
《壁(スペイン)》

1976年 油彩,カンヴァス  38.0×60.8cm

Rei KAMOI
Wall (Spain)
oil, canvas

 

NO PHOTO


鴨居 玲
《月に歌う》

1976年 油彩,カンヴァス  92.0×65.5cm

Rei KAMOI
Singing toward the Moon
oil, canvas

 

NO PHOTO

鴨居 玲
《ÉTUDE(B)》

1978年 油彩,カンヴァス  162.0×97.0cm

Rei KAMOI
ÉTUDE(B)
oil, canvas

 

NO PHOTO


鴨居 玲
《白い人(A)》

1980年 油彩,カンヴァス  79.0×64.0cm

Rei KAMOI
White Woman <A>
oil, canvas

 

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ