ひろしま美術館

林 武1896~1975

 東京に生まれる。父・甕臣は言文一致運動を唱導した国学者で家計を省みなかったため、母が牛乳屋を営み、生計を支えた。小学校の同級生には東郷青児がいる。1910年、早稲田実業学校に入学を果たすが、家計を手伝うための重労働による過労で倒れ、退学。健康回復後、歯科医を目指して東京歯科医学校に入学。しかし、次第に文学や絵画への興味が募り、熱心なアルバイトによって得た資金で、1919年、日本美術学校に入学する。1921年、学校に物足りなさを感じ退学。この年の第8回二科展に妻をモデルとした《婦人像》が初入選、樗牛賞を受ける。1923年、萬鉄五郎を中心に結成された円鳥会に参加。1926年、一九三〇年協会員となり、1930年、二科会を退会して独立美術協会の結成に参加。終生、独立美術協会に作品を発表し続ける。1934年、渡欧。パリを制作の拠点とし、ヨーロッパ各地を旅行する。1935年、帰国。マティスやドランらフォーヴィスムの画家の影響を基調としつつ、セザンヌやキュビスムの成果をも摂取した多彩な裸婦像を描く。簡潔な構図と力強いマティエールの清新な女性像《梳る女》《星女嬢》は戦後の代表作。晩年は、原色の肉体を持つ女性像、富士山、薔薇などを激しい色彩と強烈な筆致で描いた。1952年、東京藝術大学教授に就任し、1963年の定年まで勤める。1867年、文化勲章を受章。熱心な国学者であった父の遺志を継ぎ、国語問題協議会会長としても活躍した。東京で没。

林 武《横たわれる裸婦》

林 武
《横たわれる裸婦》

1928年 油彩,カンヴァス  91.0×116.8cm

Takeshi HAYASHI
Reclining Nude
oil, canvas

裸婦を平板に彩色し黒い輪郭線で取り囲むこことで、デフォルメされた大胆な身体が強調されている。明らかにマティスの影響が見られるが、色彩の鮮烈さはまだ見られない。当時の林はフォーヴィスムに牽かれながらも、一方でキュビスムへの関心を強くいだいていた。

林 武《裸婦》


林 武
《裸婦》

1972年 油彩,カンヴァス  100.0×80.3cm

Takeshi HAYASHI
Nude
oil, canvas

 

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ