ひろしま美術館

浅井 忠1856~1907

 佐倉藩士の子として江戸に生まれる。幼い頃から絵を好み、藩の絵師について学ぶ。1876年、国沢新九郎の画塾・彰技堂に入り、初めて洋画に接する。同年、工部美術学校に入学し、バルビゾン派の流れをくむイタリアの優れた風景画家フォンタネージに師事する。1878年、フォンタネージの帰国後、後任者を不服として、級友の小山正太郎らと共に同校を退学、十一会を結成する。師の画風をよく受継ぎ、脂(脂)色を主調とする静穏な風景画を描いた。1889年、明治美術会の結成に参加し、《春畝》《収穫》を同会を舞台に発表した。1889年、東京美術学校教授に就任。1899年、渡仏。パリ郊外のグレー村を訪れ、《グレーの柳》《グレーの秋》などの油彩の代表作のほか、多くの水彩画を制作している。1902年、帰国。京都高等工芸学校教授を命せられて京都に移り、翌年、聖護院洋画研究所を開設。また関西美術院の創設にも加わって、京都の洋画壇の発展に尽くした。晩年は、工芸、図案の分野でも活躍している。京都で没。

浅井忠《農夫帰路》


浅井 忠
《農夫帰路》

1887年 油彩,カンヴァス  135.5×98.5cm

Chu ASAI
Peasants Going Home
oil, canvas

1887年東京府工芸品共進会に出品した2点のうちの1点。一日の農作業を終えて家路につく家族が、画面の隅々にまで浸透する長い日差し中、どっしりとしたボリューム感をもって描かれている。3人の硬い表情、動きの乏しさは、写真を下敷きに描かれたからであると考えられている。

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ