ひろしま美術館

青木 繁1882~1911

 1882年、福岡県久留米市荘島町に生まれる。1900年東京美術学校西洋画科選科に入学し、黒田清輝らの指導をうける。28歳、福岡で没。明治後期の浪漫主義思潮を代表する天才的油彩画家。  

青木繁《ゆく春》

 
青木 繁
《ゆく春》

1907年頃 油彩,板  33.0×23.2cm

Shigeru AOKI
Departing Spring
oil, board

1907年の早春、青木は一子をもうけた恋人福田たねの実家に寄寓する。短い滞在ではあったが、ここで青木は福田家の援助の下、久々の大作《わだつみのいろこの宮》(石橋美術館蔵)の制作に取り組んだ。本作は、その幕間に生まれた作品のひとつ。同じく画家であった福田たねとの合作と考えられている。

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ