ひろしま美術館

カミーユ・ピサロ1830~1903

 西インド諸島サン・トマ島に生まれる。フランスで教育を受け、一時帰郷後、1855年再びフランスに渡り、本格的に画家を目指す。同年のパリ万国博覧会で見たコローやクールベの作品に感銘を受け、コローからは時折助言を受けるようになった。アカデミー・シュイスに通い、モネと出会う。1859年、サロンに入選するが、その後は落選を繰り返す。1863年の「落選展」に、マネ、セザンヌらと参加。1870年から翌年まで、普仏戦争を避けてロンドンに滞在し、モネと再会する。ロンドンでは、ターナーやコンスタブルの大気や光の効果を学ぶ。印象派展には1874年の第1回の開催に尽力し、1886年まで都合8回行なわれた印象派展にただひとりすべてに参加した。ピサロの作品のほとんどは風景画であり、ポントワーズ、エラニーなどの田園風景を好んで描いたが、晩年には、パリやルーアンの都市風景の連作にも挑戦している。印象派グループの最年長でありながら、若い画家たちの実験的な試みにも関心を示し、一時スーラやシニャックらの新印象派に接近した。セザンヌやゴーギャンに印象主義を紹介したのも、ピサロであった。パリで没。

カミーユ・ピサロ《水浴する女たち(習作)》
 

カミーユ・ピサロ
《水浴する女たち(習作)》

1896年 油彩,カンヴァス 65.0×54.0cm

Camille PISSARRO
Baigneuses (Étude)
oil, canvas

カミーユ・ピサロ《ポン=ヌフ》
 

カミーユ・ピサロ
《ポン=ヌフ》

1902年 油彩,カンヴァス 66.0×81.2cm

Camille PISSARRO
Le Pont-Neuf
oil, canvas

パリ市街のセーヌ河には、30本余りの橋が架かっているが、シテ島を横切りセーヌの左岸と右岸を結ぶポン=ヌフ(新橋)はその名とは反対に、市内で最も古い橋のひとつである。ピサロは、1900年以降シテ島にアパルトマンを借り、様々な気象条件のもとで、橋と右岸の眺めを描いている。

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ