ひろしま美術館

キスリング1891~1953

 ポーランドのクラコウのユダヤ人家庭に生まれる。クラコウの美術学校に彫刻家を志して入学するが、彫刻科のアトリエが満員のため、絵画のアトリエに入る。1910年、美術学校を卒業し、パリに出る。モンマルトルやモンパルナスに住んで、ブラック、モディリアーニ、アンドレ・サルモンと交友。1912年、スペイン国境の町セレに行き、およそ1年間滞在。ピカソ、マックス・ジャコブ、ホアン・グリスらと制作する。セザンヌとキュビスムの影響下にフランスでの制作を開始し、モディリアーニやドランの感化を受けて、次第に古典主義的な様式へと移行していった。また色彩も茶褐色を基調とした画面から、多色の華やかさを、補色を利用したコントラストにより一層際立たせる華麗なものへと変化した。1918年、南フランスに長期滞在、サン=トロペ、サナリなど南仏の風景を数多く制作する。1920年、モディリアーニが死去。その死に立ち会い、自らのデッサンをもとにデスマスクを鋳造させる。葬儀の費用は、すべてキスリングが負担した。1920年代の人物造形は、モディリアーニの影響色濃いが、メランコリーを共有しながらも、何よりも色彩において異なっている。また陶磁器を思わせる滑らかなマティエールもキスリングの独自の特長であり、それを存分に発揮したのが、折に触れて描かれた数々の花の静物画であった。1924年、フランスに帰化。第二次大戦中は、アメリカに亡命。ニューヨークのアトリエは、フランスから亡命した知識人のサロンとなった。1946年、制作中の油彩1点を持ってフランスに帰国。1948年、南フランスのサナリにアトリエを新築し、本格的に制作を再開。花と肖像画を多数制作した。サナリで没。 

No Photo
 

キスリング
《ルーマニアの女》

1929年 油彩,カンヴァス  81.2×64.4cm

KISLING
La Roumaine
oil, canvas

キスリングの女性像の多くは、わずかに首を傾げ、アーモンド形の眼をもつメランコリックな空気を身につけている。夭折した親友モディリアーニと共通するスタイルでもあるが、両者は色彩において大きな違いを見せている。

No Photo
 

キスリング
《花》

油彩,カンヴァス  55.6×46.0cm

KISLING
Fleurs
oil, canvas

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ