ひろしま美術館

ジョルジュ・ブラック1882~1963

 パリ郊外アルジャントゥイユに生まれる。父は建築塗装業を営み、日曜画家でもあった。1890年、一家はル・アーヴルに移り、同地の中学校、ついで美術学校に通う。美術学校でフリエスとデュフィと知り合う。1899年、学校をやめ、塗装業の見習いとなる。1900年、塗装の修業を終えるためパリに出、バティニョールの市立美術学校で絵とデッサンの勉強を続ける。1902年、アカデミー・アンベールとエコール・デ・ボザールのレオン・ボナの教室に入る。1905-6年頃は、フォーヴィスムの影響を受けて、大胆な色彩の作品を制作。フリエス、デュフィとともにル・アーヴル3人組と呼ばれた。1907年、ピカソのアトリエで《アヴィニョンの娘たち》を見、またセザンヌの回顧展を見て、その作風が大きく変わる。風景を題材に対象を幾何学的な形態に分解し、キュビスムへの道を歩み始める。親交を結んだピカソと共に、対象の分解と画面上での再構成というキュビスムの方法を推し進め、分析的キュビスムから総合的キュビスムへと歩んだキュビスム運動の指導的役割を果たした。その過程でコラージュの技法(パピエ・コレ)を開発、ピカソをはじめ多くの作家がその方法を自作に取り入れる。第一次世界大戦に従軍。負傷をし、1916年に除隊。その後は、キュビスムの体験を基礎としつつ、洗練された画面構成による装飾的な静物画を残した。パリで没。20世紀美術を代表する巨匠と目され、ルーヴル美術館の前で国葬が執り行われた。

No Photo
 

ジョルジュ・ブラック
《果物入れと果物》

1935年 油彩,カンヴァス  43.3×73.0cm

Georges BRAQUE
Compotier et fruits
oil, canvas

卓上に置かれた種々の果物とコンポート、食器類。手前が広くうしろが狭い一見遠近法に従ったテーブルに並べられているようであるが、これらの品々にはヴォリュームを暗示するものは何もない。渋い色合いの切り紙を組み合わせたような造形から、洗練された平面が生み出されている。

No Photo
 

ジョルジュ・ブラック
《カードのある静物》

油彩,板  22.0×61.0cm

Georges BRAQUE
Nature morte avec cartes
oil, board
INADA COLLECTION

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ