ひろしま美術館

アントワーヌ・ブールデル1861~1929

 ロダンの力強い表現力と大胆な構想力を受け継ぎつつも、建築的な塊と量とに立脚した独自の芸術的な作風を確立して、20世紀彫刻に新たな息吹を吹きこんだフランスの彫刻家。
 南仏モントーバンに生まれる。父親は貧しい家具職人で、家計を助けるため13歳で学校を辞めて父のもとで働く。そのかたわら、デッサン教室に通いながら小さな木彫を作るが、それが認められてトゥールーズの美術学校に入学、さらに23歳の頃パリに出てエコール・デ・ボザールに入る。いずれも奨学金によるものであった。パリでは、メーヌ街にアトリエを見つけて、生涯この地を離れることなく制作に専念する。また、パリに出てきて以来サロン・ナショナルやサロン・ドートンヌなど何らかの展覧会にほぼ毎年出品、それによってブールデルの才能が広く知られるようになり肖像の注文は絶えることがなかったといわれる。
 1888年ベートーヴェンの音楽に出会い、生涯に大小45種の多様な像を作りだす「ベートーヴェン・シリーズ」をはじめる。「音楽と彫刻、それは同じものだ。彫刻家は量をもって造形し、音楽家は音調をもって作曲する」。ブールデルの言葉である。さらに1893年、はじめての大規模な記念碑《1870年の戦いの記念碑》の制作依頼を故郷モントーバン市から受けるが、その制作中にロダンと出会って、以後15年間ロダンのもとで協力者として働くことになる。師でもあり友でもあったロダンとの協力のなかで、ブールデルの芸術の基礎ができ、またロダンを乗り越える独自の芸術を創り出していった。ロダンから、実感に満ちた人間表現を学ぶが、そこにとどまらず量感によって空間を構築する建築的な彫刻をめざす。ブールデルは、彫刻を単体として創り出すだけでなく、建築を構成する空間をも構想した最初の彫刻家であった。
 1910年《弓を引くヘラクレス》をサロンに出品、ロダンの後継者の地位を確かなものにした。以後数々の記念碑や公共建築の装飾など大規模な仕事をして、パリ近郊ル・ヴェジネの友人の家で静かに没。68歳。

アントワーヌ・ブルーデル《果物を持つ裸婦》
 

アントワーヌ・ブールデル
《果物を持つ裸婦》

1906年 ブロンズ  223.0×79.0×52.0cm

Antoine BOURDELLE
La Nudité des fruits
bronze

 

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ