ひろしま美術館

開催中の特別展

ただいま開催中!

マイティネット創立45周年記念印象派のいろは展

印象派のいろは展

2020年1月25日(土) ~ 3月22日(日) 
会期中無休
9:00~17:00/金曜は~19:00(入館は閉館の30分前まで)
※1月25日は9:00から開会式を行います。

印象派を生んだもの、印象派から生まれたもの―
ひろしま美術館のコレクションでひもとく、近代絵画のクロニクル!

モネ、ルノワール、ドガたちが創始した印象派は、日本のみならず世界中で愛され続けてきました。本展は、ひろしま美術館のコレクションの中から、選りすぐりの印象派絵画の数々と、印象派を生む契機となった19世紀美術、印象派を受けて更に新しい時代へと突入したピカソなど20世紀の巨匠の作品も合わせて展示し、あらためて「印象派」とは何かを、美術ビギナーの方にも分かりやすく紹介しようとする試みです。また明治以降に西欧文明の流入したことによって新しく成立した日本画や日本洋画において、日本人の画家たちが印象派をどのように受容し、日本的絵画を構築していったのかも探ります。

展覧会概要

会  期
2020年1月25日(土) ~ 3月22日(日) 会期中無休
開館時間
9:00~17:00/ 会期中の金曜日は19:00まで開館!(カフェを除く)※入館は閉館の30分前まで 
※1月25日は9:00から開会式を行います。
主  催
公益財団法人ひろしま美術館、中国放送、中国新聞社
後  援
広島県教育委員会、広島市教育委員会、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
特別協賛
マイティネット、ひろしま信愛不動産
協  賛
広島銀行

入館料

一般

1,100(900)円

高大生

800(600)円

小中学生

500円(300円)

  • ※( )内は前売りまたは団体(20人以上)の料金です。
  • ※障がい者手帳をご持参の方は、ご本人と同伴者1人が無料になります。
  • ※65歳以上の方は一般当日料金の団体割引が適用されます(1,100円→900円)。当日受付に年齢確認の出来るものをご提示ください。
  • ※未就学児童は無料です。
  • ※本展は全館コレクション企画展となります。本展入館券にてすべての展示室がご覧いただけます。

チケット発売所

  • 中国新聞販売所(取り寄せ)
  • 中国新聞社読者広報部
  • 広島市内の主なプレイガイド
  • 画廊
  • 画材店
  • 書店
  • ローソン・ミニストップ店内「Loppi」(Lコード:62531)
  • セブン-イレブン(http://7ticket.jp

割引

広島県立美術館×広島市現代美術館×ひろしま美術館 相互割引

「印象派のいろは展」の会期中、3館で相互割引を実施いたします!本展と広島県立美術館および広島市現代美術館で同時期に開催中の特別展入館券(半券可)を各受付にご持参いただくと、当日の入館券が100円割引になります。詳しくは各館にお問い合せください。

※一枚につきお一人様、各館一回限り有効 ※割引の併用はできません

広島県立美術館

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

2019年11月2日(土) ~ 2020年1月26日(日)

第66回日本伝統工芸展

2020年2月13日(木) ~ 3月1日(日)

広島県立美術館のホームページはこちら

広島市現代美術館

アカルイ カテイ

2019年12月21日(土)~2020年3月1日(日)

式場隆三郎:脳室反射鏡(仮)

2020年3月14日(土)~5月17日(日)

広島市現代美術館のホームページはこちら

展覧会構成と主な作品

pola01

印象派を中心とした西洋絵画で知られるひろしま美術館のコレクション。本展では「印象派」をキーワードに、これらの作品を解説パネルと共に紹介し、印象派、ひいては「美術館」そのものの入門となるような展示を行います。

第8展示室特別展示 「印象派を読み解くための西洋・日本の伝統的空間」

美術家・三桝正典さんのジャパニーズ・モダンの作品を伝統的空間に展示し、更に西洋の伝統的空間と比較することで、印象派に影響を与えた日本の伝統について紹介します。


クロード・モネ《セーヌ河の朝》1897年、ひろしま美術館

pola02

フランチェスコ・クルラーディ《聖家族》16世紀末~17世紀前半

pola03

ウジェーヌ・ドラクロワ《墓地のアラブ人》1838年

pola04

エドゥアール・マネ《灰色の羽根帽子の婦人》1882年

pola05

クロード・モネ《アムステルダムの眺め》1874年

pola02

オーギュスト・ルノワール《パリスの審判》1913-14年頃

pola03

竹内 栖鳳《熊》1889年

pola04

入江 波光《子の日遊》

pola05

浅井 忠《農夫帰路》1887年

pola05

黒田 清輝《洋燈と二児童》1891年

※作品はすべてひろしま美術館蔵

イベント情報

開催記念座談会①「西洋における空間感覚について」 

登 壇 者
烏田 いづみ 氏(広島文化学園短期大学コミュニティ生活学科教授)、古谷 可由(ひろしま美術館学芸部長)
日  時
2020年2月23日(日・祝) 14:00~15:30
会  場
ひろしま美術館 別館第8展示室
定  員
80名(先着順)
※事前申込み不要(どなたでもご聴講いただけます)
※聴講無料。ただし、当日有効の本展入館券が必要です。


開催記念座談会②「日本における空間感覚について」

登 壇 者
冨岡 真典氏(冨岡泰雅堂代表)、三桝 正典氏(美術家・広島女学院大学教授)、古谷 可由
日  時
2020年3月8日(日) 14:00~15:30
会  場
ひろしま美術館 別館第8展示室
定  員
80名(先着順)
※事前申込み不要(どなたでもご聴講いただけます)
※聴講無料。ただし、当日有効の本展入館券が必要です。