ひろしま美術館

特別展

ミュシャ展 ―運命の女たち

展 示 終 了

2018年2月24日(土)~ 2018年4月8日(日)   会期中無休

展覧会概要

19世紀末から20世紀初頭、ヨーロッパで花開いた芸術活動アール・ヌーヴォーを代表する作家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。彼の出世作となった、大女優サラ・ベルナールを描いた演劇のポスターをはじめ、とくに女性像を優雅に美しく、繊細な表現で作品の中に展開した。 本展では、ミュシャの出身地チェコのチマル博士のコレクションの中から「ミュシャと女性たち」をテーマに選りすぐった秀作を展示。最初期のデッサン、代表的な「ミュシャ様式」のポスター、一見ミュシャとは思えないような写実的な表現で描かれた作品など、ミュシャの作品に見られる様々な側面を紹介する。

主 催
:公益財団法人ひろしま美術館、中国放送、中国新聞社
後 援
:広島県教育委員会、広島市教育委員会、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
企画制作
:MBS
協 賛
:広島銀行

主な出品作品

装飾皿「ビザンティン風の頭部:ブロンド」1898年、連作装飾パネル「芸術:詩」1898年、連作装飾パネル「花(ホーム=デコ社)」1894年、連作装飾パネル「果物(ホーム=デコ社)」1894年、ポスター「ジスモンダ」1894年、ポスター「椿姫」1896年、ポスター「ロレンザッチオ」1896年、ポスター「ジョブ」1896年、ポスター「ヒヤシンス姫」1911年、ポスター「《スラヴ叙事詩》展」1928年など

ページの先頭へ