ひろしま美術館

特別展

ヴラマンク展 絵画と言葉で紡ぐ人生

展 示 終 了

2017年11月3日(金・祝)~ 2017年12月24日(日)   会期中無休

展覧会概要

モーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)は、ゴッホを敬愛したフォーヴィスム(野獣派)の画家。文筆家でもあった彼自身の言葉とともに、今回は鮮烈な色遣いのフォーヴ期を超えて確立された、風景画、静物画に焦点を当てた展覧会。

主 催
:公益財団法人ひろしま美術館、広島ホームテレビ、中国新聞社
後 援
:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、広島県教育委員会、広島市教育委員会、中国放送、広島テレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
協 力
:エールフランス航空
企画協力
:ブレーントラスト
協 賛
:広島銀行

主な出品作品

「ブージヴァル、スガンザン桟橋」1907-08年 油彩・カンヴァス フランス 個人蔵、「雪の村通り」1928-30年 油彩・カンヴァス スイス 個人蔵、「漁船の帰還、ブルターニュ」1947年 油彩・カンヴァス フランス 個人蔵、「街道」1948-50年 油彩・カンヴァス スイス 個人蔵、「サイロ」1950年 油彩・カンヴァス フランス 個人蔵、「束ねられた麦のある畑」1950年頃 油彩・カンヴァス  ラロック=グラノフ・コレクションなど

ページの先頭へ