ひろしま美術館

特別展

宮廷画家ルドゥーテの『美花選』展

展 示 終 了

2016年12月17日(土)~ 2017年2月5日(日)   会期中無休

展覧会概要

フランス革命前後、王侯貴族や上流階級の人々から「花のラファエロ」あるいは「バラのレンブラント」と呼ばれたピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ(1759-1840)による色彩版画展。2012年開催の「ルドゥーテのバラ」展に続く第2弾。今回は、色とりどりの花、華麗なブーケや瑞々しい果物等をモティーフにした版画集『美花選』を中心に、水彩による肉筆画も併せて展示することで、ルドゥーテの全体像に迫る。

主催
:公益財団法人ひろしま美術館、広島ホームテレビ、中国新聞社
後援
:広島県教育委員会、広島市教育委員会、中国放送、広島テレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
特別協力
:コノサーズ・コレクション東京
協賛
:広島銀行

主な出品作品

『美花選』より「房咲きスイセン、三色スミレ、ツバキ」、「テッセン、バラ〔ロサ・ケンティフォリア〕(栽培品種)、アネモネ」、「アネモネ」、「チューリップ(栽培品種)」、「レッドカーラント(赤房スグリ)」、「ネクタリン〔ズバイ・モモ〕」、「プリムラ・オーリキュラ(厚葉サクラソウ)」など

ページの先頭へ