ひろしま美術館

特別展

川端康成 珠玉のコレクション展

展 示 終 了

2016年9月3日(土)~ 2016年10月16日(日)   会期中無休

展覧会概要

日本で最初のノーベル文学賞受賞作家・川端康成(1899-1972)は、浦上玉堂、池大雅の国宝をはじめ、当館も作品を所蔵しているルノワール、ピカソなどの西洋画家の作品、日本の伝統的絵画および梅原龍三郎や東山魁夷といった日本近代美術など、きわめて多彩な美術品を収集していたことでも知られている。本展では、公益財団法人川端康成記念会の全面的な協力のもと、川端が所有していたこれらの美術作品を紹介するとともに、川端の追い求めた美の世界を検証する。

主  催
:公益財団法人ひろしま美術館、公益財団法人川端康成記念会、中国放送、中国新聞社
後  援
:広島県教育委員会、広島市教育委員会、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
特別協賛
:マイティ ネット
協  賛
:広島銀行
監  修
:川端香男里(公益財団法人川端康成記念会理理事長)、平山三男(同評議員)、東山すみ
企  画
:水原園博(公益財団法人川端康成記念会東京事務所代表)

展示構成

第1章:川端が所有した西洋美術品
第2章:川端と同時代を生きた画家たちの作品
第3章:川端と東山の交流にまつわる作品
第4章:国宝をはじめとする日本の伝統美術品
第5章:ノーベル賞のメダルから川端初恋の書簡や太宰治の書簡などを展示

ページの先頭へ