ひろしま美術館

特別展

スュザンヌ・ヴァラドン生誕150年
「ユトリロとヴァラドン―母と子の物語―」

展示終了

2015年7月11日(土)~ 2015年8月30日(日)   会期中無休

展覧会概要

ルノワールやロートレックのモデルを務め、ドガも認めるデッサン力を持った画家でもあったスュザンヌ・ヴァラドンと、その母への複雑な思いから絵を描きはじめることになったモーリス・ユトリロの親子二人展。芸術の道を選んだ親子は、いずれもパリの北に位置するモンマルトルで画家として開花した。そんなモンマルトルの哀愁漂う街並みを描き続けたユトリロの作品、その源泉ともいえる、母であり力強い線描と色彩をあやつる画家でもあったヴァラドンの作品、合わせて約80点を紹介。

主催
:公益財団法人ひろしま美術館、テレビ新広島、中国新聞社
後援
:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、広島県教育委員会、広島市教育委員会、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
特別協賛
:ひろしま信愛不動産株式会社
協賛
:損保ジャパン日本興亜、広島銀行
協力
:日本航空
企画協力
:IS ART INC.

出品作品

モーリス・ユトリロ《モンマルトルのキャバレー・ラパン・アジル》1916-1918年頃 個人蔵、モーリス・ユトリロ《モンマルトルのサン=ピエール広場から眺めたパリ》1908年頃 八木コレクション蔵、モーリス・ユトリロ《ムーラン・ド・ラ・ギャレット、モンマルトル》1934-1936年頃 個人蔵、モーリス・ユトリロ《サン=ピエール教会とサクレ=クール寺院、モンマルトル》1938-1940年頃 個人蔵、モーリス・ユトリロ《コルト通り、モンマルトル》1916-1918年頃 個人蔵、スュザンヌ・ヴァラドン《モーリス・ユトリロの肖像》1921年 ユトリロ-ヴァラドン美術館蔵(フランス、サノワ)、スュザンヌ・ヴァラドン《自画像》1927年 ユトリロ-ヴァラドン美術館蔵(フランス、サノワ)、スュザンヌ・ヴァラドン《コルト通り12番地、モンマルトル》1919年 個人蔵(レバノン)、スュザンヌ・ヴァラドン《窓辺のジェルメーヌ・ユッテル》1926年 個人蔵(レバノン)、スュザンヌ・ヴァラドン《花瓶の中のリラの花束》1930年 個人蔵など

ページの先頭へ