ひろしま美術館

特別展

誕生50周年記念 ぐりとぐら展 ぐりとぐらの森へようこそ

展示終了

2014年9月6日(土)~ 10月13日(日)

展覧会概要

1963年に生まれたふたごの野ねずみ「ぐり」と「ぐら」。中川李枝子さんと山脇(大村)百合子さんの姉妹によるこの作品が50周年を迎えた。シリーズ累計は2400万部にものぼる「ぐりとぐら」。その愛らしい絵とストーリーは、読み継がれる絵本の中の絵本として子供たちを魅了し続けてきた。本展では「ぐりとぐら」のお話全7作品の貴重な原画をはじめ、姉妹のデビュー作である童話「いやいやえん」の挿絵原画まで、50年の軌跡を170点以上の原画で展観。さらに映画監督・宮崎駿さんと中川さんの貴重な対談映像、世界11か国と地域に広がる海外版の展示や読書コーナーなど「ぐりとぐら」のすべてを紹介。

主催
:公益財団法人ひろしま美術館、朝日新聞社、中国新聞社、広島ホームテレビ
後援
:広島県教育委員会、広島市教育委員会、中国放送、広島テレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
協力
:福音館書店
出品協力
:宮城県美術館
特別協賛
:広島マツダ
協賛
:広島銀行

展覧会構成

【1】「ぐりとぐら」の原点
「いやいやえん」「そらいろのたね」「たからさがし」「かえるのエルタ」

【2】「ぐりとぐら」の世界
「ぐりとぐら」「ぐりとぐらのおきゃくさま」「ぐりとぐらのかいすいよく」「ぐりとぐらのえんそく」
「ぐりとぐらのくるりくら」「ぐりとぐらとすみれちゃん」「ぐりとぐらのおおそうじ」

【3】広がる「ぐりとぐら」
「ぐりとぐらの1ねんかん」「ぐりとぐらかるた」「ぐりとぐらのあいうえお」

ページの先頭へ