ひろしま美術館

与勇輝展

昭和・メモリアル 与勇輝展

展示終了

2013年4月6日(土)~5月19日(日)

展覧会概要

現代日本を代表する創作人形作家・与勇輝(1937~ )の新作展。今回の展覧会で挑んだテーマは、幼い頃終戦を迎えた与にとって今も記憶に残る「昭和のあのころ」です。苦しい時代を逞しく生きる子どもたちの姿を中心に、ライフワークである明治から昭和前期を時代背景にした作品、合わせて110余点を一堂に公開。

主催
:公益財団法人ひろしま美術館、広島ホームテレビ、中国新聞社
共催
:テレビ朝日、博報堂DYメディアパートナーズ、テレビ朝日映像
後援
:広島県教育委員会、広島市教育委員会、朝日新聞広島総局、中国放送、広島テレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
協力
:河口湖ミューズ館・与勇輝館
企画
:彩鳳堂画廊
協賛
:広島銀行

主な作品

《夕焼け》(2010年)、《美味しいネ!》(2010年)、《望愁》(2010年)、《何処へ》(2010年)、《泣くなよ!》(2010年)、《シューシャインボーイ》(2010年)、《母さんは?》(2010年) 、《和枝ちゃん》(2010年)、《少年野球》(2010年)、《虫取り》(2010年)、《午後の乗客》(1990年)、《面映》(2010年)、《お膳》(2010年)、《宵春》(2010年)、《おこた》(1994年)、《姥捨山》(2010年)など

ページの先頭へ