ひろしま美術館

アンリ・ル・シダネル展

月明かりの印象主義者 アンリ・ル・シダネル展
薔薇のある至福の時間

展示終了

2012年7月7日(土)~ 9月2日(日)

展覧会概要

20世紀初頭に活躍したフランスの画家アンリ・ル・シダネル(1862-1939)の、日本で最初の本格的な回顧展。夕暮れや月明かりなどの微妙な光の中で、自宅の庭で育てた薔薇やガーデンテーブル、ベンチなど、身近な題材を描き続けた画家として知られている。本展では、国内外の美術館およびコレクターから出品された代表作を含む約70点を展覧。
メルシャン軽井沢美術館、埼玉県立近代美術館、美術館「えき」KYOTO、損保ジャパン東郷青児美術館に巡回。

主催
:公益財団法人ひろしま美術館/広島ホームテレビ/中国新聞社
後援
:フランス大使館/広島県教育委員会/広島市教育委員会/中国放送/広島テレビ/広島ホームテレビ/テレビ新広島/広島エフエム放送/FMちゅーピー76.6MHz
特別協賛
:ひろぎんカードサービス株式会社
協賛
:広島銀行
協力
:エールフランス航空
企画協力
:株式会社ブレーントラスト

展覧会の構成

第1章 : 自画像
第2章 : エタプル
第3章 : 人物像
第4章 : オワーズ県の小さな町々
第5章 : 取材旅行
第6章 : ブルターニュ地方
第7章 : ジェルブロワ
第8章 : 食卓
第9章 : ヴェルサイユ

ページの先頭へ