ひろしま美術館

安井 曾太郎1888~1955

 京都市中京区に生まれる。生家は木綿商。1904年、浅井忠の指導する聖護院洋画研究所に入所。1906年、同研究所を吸収するかたちで関西美術院が創設されると、同美術院に移る。 1907年、同門の津田青楓とともに渡仏、鹿子木岳孟郎の紹介で、アカデミー・ジュリアンで指導にあたっていた歴史画の巨匠ジャン=ポール・ローランスに師事する。ローランス教室で3年間学んだのち、その後の4年を自由な制作にあて、特にセザンヌ研究に多くの時間を費やす。1914年、帰国。二科会創立メンバーである津田のすすめにより、翌年の第2回二科展に滞欧作44点を発表し、画壇に一大旋風を巻き起こす。しかし、その後の10年間、滞欧で得た知識、習得した技術と日本の風土との相克に苦しみ、不振の時代が続く。1920年代の後半より、次第にのびやかな筆致を取り戻し、デフォルメと省略、めりはりのある色彩を用いたちから強い造形による“安井様式”を完成させた。1935年、帝国美術院会員となり、二科会を退会。翌年、一水会の創立に参加。1944年より、東京美術学校教授を務める。1952年、聖護院研究所の同門であった梅原龍三郎とともに文化勲章を受章。特に人物画に優れ、代表作に《金蓉》《深井英五氏像》などがある。神奈川県湯河原町で没。 1956年の遺作店の収益をもとに、「安井賞」が制定され、1997年まで続いた。

安井 曾太郎《画室》

安井 曾太郎
《画室》

1926年 油彩,カンヴァス  128.8×160.5cm

Sotaro YASUI
Studio
oil, canvas

1926年から数年の間、安井にとっては異例のモティーフでる家族が登場する。家族を描くことによって、帰国後約10年間続いたスランプを乗り越えるのである。ここでは、アトリエを訪れた家族が記念写真風に描かれているが、そこに紛れ込んだ裸婦が、独特の雰囲気を与えている。

  • 印刷
  • 作家一覧へ
ページの先頭へ